サイトトップページ > 桂林で遊ぶ > 交通
道路交通
  桂林市は縦横に走る道路が広西各地と隣接各省に直通し、国道322、323番線を境に過ぎて、その中に322番線は高等級道路を改造されました。桂柳高速道路は南に、柳州、南寧、北海と接し、北に湖南に接します。桂梧高速道路の開通は桂林から珠江デルタと香港マカオ地区の距離を大いに短縮し、桂北地域および湘貴川から東へ向かって、広東と香港およびマカオまで最も便利な道路を構築されました。資源からフンイエンへの高速道路の建設は開始し、陽朔から鹿寨(桂林段)など3本高速道路の建設を強力に推進し、今後桂林と週辺での高速道路のネットワークの接続がさらに加速しています。

 鉄道交通
  湘桂鉄道能力の拡張に伴って改造工事が竣工および貴広高速鉄道の運営を開始して、桂林は高速鉄道時代になり、広西鉄道交通の「新貴」になり、貴州、四川、雲南が桂林を1つの重要な「ノード」として珠三角地区へ、湘、桂、貴州、粤と接続し、ひいては西南、中南、華南地区の交通の中枢になり、すでに南寧、長沙、武漢、鄭州、石家荘、上海、貴陽、広州、杭州などの主要都市と首都北京の高速鉄道の直行電車が開通し、乗客が1日平均3万人ありそうです。 

 航空交通
  桂林両江国際空港は桂林市の南西に臨桂区の両江町に位置し、面積が406平方ヘクタール、飛行区等级が4E、滑走路の長さが2800メートル、既存のターミナルが5.03万平方メートルの面積です。2017年桂林空港T 1ターミナル改造プロジェクトとT 2ターミナルの新規プロジェクトの建設が完成後、ターミナルが10万平方メートルとなり、空港ステーション40万平方メートル、駐車場7.72万平方メートルを増加し、旅客乗降者数が年間1200万人を満足でき、貨物と郵便取扱量が9 . 5万トン、飛行機の乗降量が10~12万便延べます。桂林空港は国内重要な観光空港と南西地区の観光拠点空港です。2014年、桂林空港で59743便の発着を保障輸送し、旅客乗降が6897741人を完成し、貨物と郵便取扱量が35841.4トンでした。現在、全30航空会社は桂林航路を飛行し、国際国内46都市を通航し、計画で60路線を飛行し、そのうちに国際線8路線は、それぞれ、桂林-釜山、桂林-清州、桂林-クアラルンプール、桂林-シンガポール、桂林-南寧-バンコク、南寧-桂林-大阪です。地方路線3路線がそれぞれに桂林-台北、桂林-高雄、桂林-香港です。国内線は49路線です。

 水運交通
  桂林市は主要な航運河川が漓江、桂江、湘江、洛清江、资江、尋江、百寿川など7本があり、航路距離が687キロメートルで、そのうち、通航マイレージが576キロです。漓江、桂江は桂林市の重要な通航川として、轄区通航192キロ、7級航路が梧洲を経って珠江へ流入して海に通します。

お問い合わせ

電話:+867732800318
ファックス :+867732827491

私たちについて

桂林市観光開発委員会主催
桂林市観光公共サービス管理事務所技術サポートと保障

関連リンク